モデル個人撮影会でベストなショットを撮るために必要なこと

さまざまな機能が搭載された一眼レフを手に入れると、あらゆる写真に関する意欲が湧いてくるかと思われます。もっと腕を磨きたい……写真旅に出てみたい……本格的な撮影も経験したい……! などなど、高まるモチベーションはとどまるところを知らないといった感じではないでしょうか。

今回は、中でも人物撮影への興味が膨らんだ人に嬉しい、モデル個人撮影会の準備についてご紹介します。一眼レフ初心者ともなれば、まだまだネットワークも狭く、モデル調達なども難しいことでしょう。ですが個人撮影会を利用すれば、手軽にプロやセミプロのモデルを被写体に撮影することができます。個人形式なので、他の参加カメラマンに煩わされる心配もありません。コツを押さえて、ぜひ理想の写真撮影を実現してみてはいかがでしょうか?

・マナーを守りましょう

個人撮影会にもさまざまなタイプがありますが、基本はモデルとの一対一です。そんな中、気分が盛り上がって、ついつい前のめりになって撮影に没頭してしまうかもしれませんが、そこはマナーも忘れてはいけません。度を超えたリクエストをしたり、希望のポーズに近づけるため体に触れたり、気分を害するような発言などをするのは禁物です。

基本的なことですが、これはとても重要です。お金をもらって被写体になっているモデルとはいえ、一人の女性に違いはありません。気分次第で、パフォーマンスが落ちることも十分考えられます。モラルとしてももちろん、良い表情、魅力的なポージングを引き出すためにも、基本のマナーを忘れてはなりません。

・撮影の流れをイメージしておく

一対一でのびのびと取り組める個人撮影会とはいえ、時間は限られています。良い写真を撮りたい……そんな曖昧なモチベーションだけで臨んでしまうと、それこそ撮りたいカットを撮り切れないまま制限時間が訪れてしまうかもしれません。そこで大事になってくるのが、開始前に全体の流れをイメージしておくことです。実際、スケジュールを紙に書き出して、その通りに進めていくという方法もおすすめです。

こうすることによって、あなたの時間配分に余裕が生まれるので、モデルもまた安心してポージングに専念できます。モデル撮影はモデル自身の魅力も重要ですが、カメラマンの立ち姿や振る舞い、ちょっとした気遣いなども実は魅力を引き出す上で欠かせません。そこもまた、あなたの腕が試されるポイントといえるでしょう。

・写真雑誌やグラビアなどを参考にする

せっかく自分が撮影するわけですから、オリジナルな写真を目指したい、そんな風に感じる人も多いことでしょう。ですが、経験が乏しいにもかかわらず自分の感覚だけに頼るのは、あまりおすすめできません。せっかくの貴重なモデル個人撮影会であるにもかかわらず、不満足な結果に終わってしまうかもしれません。

では一体、何を参考にすればいいのでしょうか? それは簡単です。写真雑誌のモデル写真やグラビア写真を大量にチェックして、お気に入りのカットを押さえておくのです。もちろん、それらはプロが撮影しているので、まったく同じようなクオリティを目指すというのは難しいです。ですが、参考にすることは大いに可能です。写真を切り抜いて持参して、こういうポージングをして欲しいとモデルに直接リクエストしても良いでしょう。

まとめ

今回、技術的な面ではなく、準備や気持ち面の作り方を特集しました。こんなのでいいの?と不安になる人もいるかもしれませんが、これらは技術面以上に重要といっても過言ではありません。そもそも、一眼レフやスタジオ、おすすめされたロケーションなどを使用していれば、そこまで高い技術がなくてもある程度の写真は十分撮影できます。大事なのは、いかにその条件を活かしてベストショットを拾えるかです。しっかり準備ができていれば、冷静に撮影を進めていけるので、落ち着いてこだわりの一枚を追求できます。ぜひ、意識してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です