女子の間でも増えている昨今の一眼事情

カメラに詳しくない女子が一眼レフと聞くと、どのようなカメラを思い浮かべるでしょうか。恐らく、多くの人はプロ向き・本格仕様・大きい・地味・マニアっぽいといった初心者にとって抵抗に繋がるイメージが先行するかと思われます。ゴツゴツとした見た目で、まるで兵器をも思わせるシルエット……とまでいうとさすがにいい過ぎかもしれませんが、そのような表現ですら過言でない上級モデルも事実多く存在します。そしてそうした重厚感もまた、マニア心を満たすステータスのひとつとして歓迎されています。ですが実際の一眼レフ事情はといえば、そんな女子や初心者にとって持ちにくいものばかりでもありません。従来の先入観を覆す、それこそ「女子向き」ともいえるアイテムも、多数登場してきています。以下は、そんな女子が一眼を手にする際に知っておきたいポイントをまとめた内容となっています。一眼レフや写真に興味があるのであれば、ぜひご参考ください!

・長時間使用しても疲れにくいサイズ感

一眼レフは高性能を意識したものが多いので、大きく重たいものが多いです。その点、女子向けのものは、小型軽量仕様が特徴的となっています。その代表格ともいえるのが、ミラーレス一眼でしょう。その名の通り内部のミラー機構が省かれているため、特有のボリューム感がなく持ちやすいです。また通常の一眼レフでも、小型軽量に焦点を当てたタイプは増えてきており、プロ志向でない、女子やファミリー層をターゲットにした製品も少なくありません。体力に自信のない女子でも、安心して扱うことができます。

・進んで持ちたくなるようなおしゃれデザイン

一眼レフは、全体が黒色で、ゴツゴツしく男性的な見た目のものが一般的です。まさに、一眼レフらしい一眼レフとでも申しましょうか。本格派にとっては、それこそがモチベーションアップやステータスに繋がる特徴でもあるため、むしろ好まれます。ですが、気軽にファッション感覚で持ちたい女子からすれば、その特徴は邪魔に感じられることでしょう。その点、近年の一眼はデザインにもこだわられています。カラフルなもの、形がかわいいものも多く、それこそアクセサリー感覚で首にかけられるタイプすら少なくありません。抵抗を感じるどころか、進んで持ちたくなるような魅力的なデザインも多く見られます。

・複雑な設定に悩む必要なし 

操作性にも違いが見られます。従来、一眼レフカメラというのは決して簡単に扱えるものでもありませんでした。ボタンやダイヤル、その他設定項目が多数詰め込まれており、初心者からすれば説明書を見ただけでも気が滅入るような複雑さでした。そうなってくると、ちょっとした趣味として一眼を持ちたいと考える女子には、抵抗が感じられてならないといったところでしょう。ですが近年の女子向け一眼は、工夫が凝らされています。ダイヤルひとつ、ボタンひとつでシーンに合った設定に切り替えられる、液晶を直接タッチするだけでフォーカスが合わせられる、ぼかしが作れるなど、感覚的に扱えるものも増えてきています。それこそ、スマホ撮影感覚ですら扱えるような手軽な一眼まであるほどです。

まとめ

このように、近年は一眼レフ=プロ・マニア仕様といったイメージはかならずしも当てはまらないようになってきています。そしてそうした傾向に呼応するかのように、「カメラ女子」や「インスタ女子」などという言葉も登場し、より一眼と女子の距離が縮まってきているようにも感じられます。本格的な写真を撮りたい、人とは違う写真を目指したい、そんな風に考えるのであれば、あなたが女子であってもなお、一眼レフは検討して損のない魅力的な存在となることでしょう。