カメラを趣味に持つことの魅力とは

◎はじめに

 みなさんはどんな趣味をお持ちでしょうか? 登山やドライブ、スポーツなどアウトドアな趣味をお持ちの方、お菓子作りや読書などのインドアな趣味をお持ちの方などさまざまですが、アウトドアな趣味をお持ちの方も、インドアな趣味をお持ちの方も、新しくカメラを趣味にするのはいかがでしょうか? カメラの趣味と言えば、代表的なのが一眼レフカメラで、新しく始めるには敷居が高い感じられる方も居られると思いますが、決して敷居の高い趣味ではありません! 今回は、カメラを趣味に持つことの魅力をいくつかご紹介します! ※本記事のカメラとは特記がない限りデジタル一眼レフカメラのことを指します。

◎カメラを趣味に持つことの魅力その1「今の趣味にプラスして始められる」

 カメラを趣味に持つことの魅力の1つめは、今の趣味にプラスして始められることだと思います。カメラは、今、持っている趣味の記録や、思い出の瞬間を写真に残すことができます。つまり、今の趣味を続けつつ、カメラの趣味をプラスして始められます!

カメラは趣味を楽しんでいるときや、綺麗な風景に出会ったときに、「綺麗な写真を残したい!」と思ったときこそ、思い切ってカメラを手に取ってみましょう! 

◎カメラを趣味に持つことの魅力その2「家族・仕事仲間との思い出を残そう」

 カメラを趣味に持つことの魅力の2つめは、家族や仕事仲間との思い出を残すことができることです。写真は現像すれば長く残すことができます。家族で旅行に行ったとき、子供の成長を残したいとき、仕事仲間との思い出を残したいとき、大切な瞬間をカメラがあれば簡単に残すことができます。撮った写真を現像しアルバムにして残すこともできますし、最新のカメラでは、Wi-Fiを搭載している機種も増えてきており、撮った写真をその場でスマートフォンやタブレットに送信することができ、簡単にシェアすることもできます!

◎カメラを趣味に持つことの魅力その3「奥深きカメラの世界」

 カメラを趣味に持つことの魅力の3つめは、奥が深いことだと思います。カメラは、日常の風景を撮ることはもちろん、慣れれば慣れるほど奥が深くなり楽しくなっていきます。それでは、カメラの奥深いポイントをいくつかご紹介します。

☆奥深いポイントその1「被写体の多様さ」

 さて、みなさんはカメラを手に取ったとき、何を撮りたいでしょうか? 日常の思い出を残すのはもちろん、人を撮影するポートレートや、夜空の星を撮る星景写真などたくさんのジャンルがあり、カメラは被写体の違いによって撮影手法も大きく変わります。新しいジャンルの撮影にチャレンジする度にカメラの奥深さに楽しくなること間違いなしです!

☆奥深いポイントその2「カメラ本体とレンズの組み合わせ」

 カメラは、カメラ本体とレンズを外して付け替えることができます。カメラ本体の特徴や機能の奥深さはもちろん、レンズは様々なシーンに合わせたものがあり、遠い被写体を撮影する望遠レンズや、ポートレートなどに使える単焦点レンズなど撮影したい被写体に合わせて選ぶことができます。カメラを手にしたあとは、撮りたいジャンルを決めてレンズを選ぶのも、奥深いカメラの世界の醍醐味だと思います!

◎おわりに

 いかがだったでしょうか。スマートフォンや携帯電話にもカメラが付いている現在では、写真を撮るということが身近になってきました。スマートフォンでも写真を綺麗に撮ることができますが、ぜひ、「一眼レフ」カメラを手にして自分なりの写真を撮っていただきたいと思います!

今回はカメラの魅力をいくつかご紹介しましたが、まだまだ本の一部にすぎません。カメラを趣味にすることは敷居が高いと思われがちですが、そんなことはありません。この記事を読んで少しでもカメラに興味を持っていただければと思います。