一手間加えるだけでプロっぽく見える撮影TIPS5選

初めて一眼レフを手にしたとき、あなたはきっと大きな感動に包まれたことでしょう。いまや、スマホやコンデジでも上質な写真が撮れる時代です。カメラにそこまでこだわりがない人でも、気軽に写真を楽しんでいることでしょう。ですが、同じカメラでも一眼レフともなればまた意味合いが違ってきます。絶妙なぼかしや精彩な色味、そして構えること自体の楽しさなど、一段階上の魅力が感じられてなりません。

ですが、ただシャッターを押すだけで上質な写真が撮れてしまうだけに、さらなるレベルを目指したいと考える人も多いはずです。せっかくの多彩な機能が詰まったカメラ、活かさない手はありません。そこで今回は、初心者でも気軽に取り入れられるようなコツを、特集しました。わずか一手間が、プロっぽさすらをも演出します。ぜひチェックしてみてください。

・アオリのアングル

カメラをやっている人なら、もしかするとこの「アオリ」という言葉に馴染みがあるかもしれません。撮影の基本的な技術となっており、関連雑誌や特集誌などでも頻繁に見かけられます。この手法は、手軽な方法であるにもかかわらず写真を印象的なレベルに押し上げてくれる、おすすめのコツといえます。

やり方は簡単です。被写体を、少し下の位置から見上げるような角度で撮るだけです。被写体に立体感が出て、より魅力的に写せます。広角のレンズや設定を使用している場合であれば、なおさらインパクトが表現できます。

・人物×アオリの組み合わせ

前述で紹介したアオリを、ぜひ人物撮影時に役立ててみてください。特にこの技術が映えるのが、人物撮影だからです。脚が長く、なおかつ顔が小さく写せるので、満足度の高い一枚が目指せることでしょう。モデルでなくても自然にスタイルを強調できるので、普段の記録写真時にアオリをもちいても喜ばれることでしょう。モデル撮影をおこなうプロにとっても、お馴染みの技法となっています。

・絞り優先オートを活用

ホワイトバランスやシャッタースピード、ISOなどと聞くと、初心者としては少し耳が痛くなるかもしれません。このあたりは、少し複雑な設定にも感じられてくるため、苦手意識を感じている人も少なくないでしょう。ですが、単純な捉え方をすることで、見栄えのする一枚を撮ることに役立てられます。

絞り優先オートなら、細かい設定を気にせず理想のぼかし具合に近づけます。絞り値をマニュアルで設定すると、それに合わせてシャッタースピードをオートで調整してくれる優れもののモードです。ぼかしこそが一眼の魅力といっても過言でないので、おすすめです。

・ホワイトバランスを工夫する

ホワイトバランスもまた、おすすめの設定です。言葉だけ聞くと少し分かりにくいかもしれませんが、単純に明るさの調整であると捉えておいて問題ありません。暗い環境で写真を撮るなら、ホワイトバランスの数値を上げてみてください。逆に明る過ぎると感じたら、下げてみてください。ただそれだけで、理想的な明るさに近づけることができます。どちらかというと明るめを意識した設定の方が、見栄えしやすくなります。ポイントとして、覚えておいてください。

・被写体を絞って撮る

風景全体を収めて撮るのも良いでしょう。そのときの思い出が全体的に記録されて、あとで見返すことで楽しい気分がよみがえることでしょう。ですが、プロっぽさにこだわるなら、あまりおすすめできません。それこそ素人が好むような、記念写真にも近い雰囲気になりやすいためです。おすすめは、逆に被写体を絞って撮る方法です。

主役となる被写体を決めて、ぐっと寄ってみてください。一眼レフは、ピントが合った被写体について高精彩で写し出してくれます。ただそれだけでも、さすがは一眼レフといった一枚が撮れます。また手前の被写体にピントを合わせた場合、特別な設定をしない限り背景はある程度ぼかされて写ります。このぼけ具合もまた、主役の被写体を引き立てます。

まとめ

プロっぽい写真となると、あらゆる機能や技術を理解しなければならない、そんな風に考えている初心者も多いことでしょう。ですが、実際はそうでもありません。このように、ちょっとした一手間を加えるだけでも、プロ並みとはいかないながらも「ぽい」写真であればゆうに作り出すことが可能です。きっと、いつもの写真ライフもより豊かに感じられてくることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です