実用レベルの商品物撮りは光のコントロールが重要

インターネットが広く普及するようになった昨今、商品物撮りをおこなうカメラマンは増えてきています。ネットショップやオークション、流行りのフリマアプリなどで品物を出品する場合、商品写真が必要となるためです。個人でやる場合のほか、プロとして活動するカメラマンなら、ショップの運営会社に所属して撮影担当を任されるといったケースもあります。

同じ写真撮影でも、風景や人物を撮るときと物撮りとでは、結構違いが感じられます。ほかの撮影はうまくいくのに、物になるとどうも満足いくものが撮れない…!そんな悩みを抱えている人も少なくないのでは。ですが、ライティングこと光のコントロールにこだわりを持つことで、その悩みも解消に繋げられます。商品物撮り時のライティングのポイント、ご紹介します。

・なぜ光が商品物撮りに重要なの?

単純に考えると、物撮りはとても簡単です。カメラと撮りたい物さえあれば、思い立ったらすぐにでも撮影できてしまいます。それでもなお、出来の良し悪しが分かれてしまう理由には、主に2つの要素が挙げられます。

まずひとつが、背景です。同じ商品でも、背景の具合によって印象は大きく変わってくるでしょう。こと商品写真の場合は、印象の良さや、商品の魅力を際立たせることも重要になってきます。散らかった部屋や汚れた壁を背景にするのはもちろん論外。また適当な紙や布を敷いたりしたところでも、なかなか理想のレベルを表現することはできません。バック紙や物撮りスタジオ、そして商品に合った適切な背景セットなどを用意しましょう。

そしてもう一点が、今回の主題である「光」です。明るい暗いだけでなく、影の具合や光の色味、柔らかさなど、ちょっとした違いでも繊細な影響を与えます。ですが、うまくコントロールできさえすれば、現実以上の魅力をもまとわせることすら可能です。物撮りが苦手な人は、ぜひこの光のコントロール、いわゆるライティングについて探求してみるべきです。

・ストロボを2灯用意しよう

自然光でも良いですが、実用的な商品写真を撮りたいと考えるなら、撮影用ストロボを使うべきです。それも、2灯用意してください。設置方法は、商品を左右から囲むようにする形です。これによって、余分な影をしっかり飛ばして、明るく好印象な写真に仕上げられます。

・光の柔らかさを調節

前述でも触れていますが、ライティングでは柔らかさの調節も重要になってきます。ぬいぐるみやかわいらしいアクセサリーなら柔らかめの光を、そしてゴツゴツしたイメージの鉱石や金属なら硬めに…といった具合です。

光の柔らかさは、ストロボに傘バウンスやディフューズを取り付けて調整しましょう。自然光を使う場合なら、レフ板で影をカバーしたり、シーツで窓を覆ってナチュラルな柔らかさを演出するといった手法もおすすめです。

・反射する素材の撮り方

上記まででは、とにかく明るく撮影する方法を紹介してきました。ただ、ストレートに明るいだけでは問題が起こるケースもあります。それは、ガラス製や金属製の、光を反射してしまうような素材の場合です。光の反射が写りこむと、商品の持ち味が薄れる、細かい部分が確認できなくなるなど、商品写真として適さない仕上がりになってしまうかもしれません。

このときも、ライティングの工夫で問題を解消していきます。たとえば透き通ったガラス製品なら、商品の背後から光を当てる方法がおすすめです。といっても、じかにストロボが発光すれば完全な逆光になります。ディフューズで適度に調整して、柔らかい光を当てましょう。また金属の素材であれば、両サイドからのソフトディフューズ光が有効です。

・まとめ

このように、商品を物撮りする際はライティングがポイントとなってきます。設定で露出を調整したり、撮影後にレタッチを加えるなどすれば、それこそ物撮り専門カメラマン顔負けの1枚も目指せるかもしれません。商品写真は、それだけでも商品の売れ行きを大きく左右します。こだわる価値は、大いにあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です