現役カメラマンが教える3段飛びでプロのように撮るコツ

カメラを始めたばかりであるにもかかわらず、プロ並みの仕上がりを目指すのは容易でないと思われることでしょう。そもそも、一眼レフの機能ひとつとっても、一朝一夕では覚えきれないボリュームです。しっかりカメラを扱いこなせるようになり、さらにはセンスや技術も時間をかけて磨かなければ……といった風に、難しく考えている人も多いのではないでしょうか。ですが、実際はそこまで複雑でもありません。コツを押さえることで、自分でも驚くような躍動的で印象的な、それこそプロ並みの作品だって簡単に目指せます!

・「プロ並み」を目指すということ

そもそも、基本的にカメラマンに国家資格や免許などは存在しません。極論をいえば、カメラを購入したばかりであっても「私はプロ」といってしまえば、それで通じてしまう世界でもあるのです。もちろん、本当に仕事まで受けてしまうと、撮影技術のみならず仕事としての撮り方やマナー、振る舞い、正しい納品方法なども欠かせないため、クレームはまず避けられないといったところでもあるのですが。こと趣味の範疇で「プロ並み」を目指す程度なら、決して夢物語ではありません。

・まずはひたすらプロの写真を見よう

人気があるカメラマン、印象に残る芸術写真、雑誌のお気に入りカットなど、まずは実際にプロが撮った写真を見てみましょう。カメラマンが著名であり、写真が人気であればあるほど世に出るわけですから、少しネットや雑誌を見渡せば、お手本は山ほど見つけられます。そして、まずはそれらのモノマネをしてみましょう。光の加減や絞り、シャッタースピードのバランスなどは近づけられなくても、アングル程度ならちょっと工夫すればマネできます。そしてアングルが意識でき始めたら、次に、光、次にぼかしなど、徐々にマネのレベルを上げていくのです。カメラの分厚い説明書も、一気に理解するのは不可能ですが、段階を踏んで研究していけば、着実に把握していけます。同時に、どんどん写真の世界へのめり込み、カメラが好きになっていくことでしょう。

・いつもより一歩、二歩踏み込んでみよう

頑張って撮っているのに、どうも写真が平面的になる。写真にこだわりを覚え始めたとき、よく陥りがちな悩みです。そんなときは、レンズを広角に設定し、被写体の方へもう一歩、二歩踏み込んでみてください。たとえば樹を撮るのなら、木肌に顔がつくぐらいに寄って、レンズを上に向けて写真下部から樹が伸び上がるように撮ったり、野良猫ならそっと近づいて、しゃがんで猫と同じ目線で撮ってみたり、花ならギリギリまで寄って、花越しの街並み、花越しの人々なども含めて撮ったりしてみてください。ようは、普段人が見慣れていない距離感や角度から撮るということです。意外性があり、インパクトがあり、躍動感がある、それこそプロが好むようなクリエイティブな印象も生み出せます。

・被写体を中心から外す

撮りたい被写体が明確であっても、あえてそれを中心とせず、中心以外に外してみてください。平面的、素人っぽいといった印象の感じられる写真は、被写体が中心にどんと鎮座しているありきたりな構図である場合が多いです。加えて、中心からずらした被写体の対象となる空間とのバランスも考えて、写真が一枚の絵であるよう意識してみてください。この「バランス」はとても重要で、初心者でもプロでも同じくこだわるべきポイントとなります。ゆくゆくは自然に意識できてきますが、始めたての時期は毎回気にしながら撮ってみてください。良い写真たるや何なのかが、徐々に分かってきますよ!

まとめ

プロの写真は、確かに高価な機材や高度な技術、編集などが加わり仕上がる存在です。ですが、初心者が手近な機材や環境で撮ったところで、同じ「写真」には変わりないわけです。ちょっとプロも使っているようなコツを押さえるだけで、写真は格段に印象的となります。そして撮るたびに上達が感じられれば、それは大きなモチベーションとしてあなたのカメラライフを後押しすることでしょう。ますます、カメラ、写真の世界にのめり込んでいけますよ。

女子の間でも増えている昨今の一眼事情

カメラに詳しくない女子が一眼レフと聞くと、どのようなカメラを思い浮かべるでしょうか。恐らく、多くの人はプロ向き・本格仕様・大きい・地味・マニアっぽいといった初心者にとって抵抗に繋がるイメージが先行するかと思われます。ゴツゴツとした見た目で、まるで兵器をも思わせるシルエット……とまでいうとさすがにいい過ぎかもしれませんが、そのような表現ですら過言でない上級モデルも事実多く存在します。そしてそうした重厚感もまた、マニア心を満たすステータスのひとつとして歓迎されています。ですが実際の一眼レフ事情はといえば、そんな女子や初心者にとって持ちにくいものばかりでもありません。従来の先入観を覆す、それこそ「女子向き」ともいえるアイテムも、多数登場してきています。以下は、そんな女子が一眼を手にする際に知っておきたいポイントをまとめた内容となっています。一眼レフや写真に興味があるのであれば、ぜひご参考ください!

・長時間使用しても疲れにくいサイズ感

一眼レフは高性能を意識したものが多いので、大きく重たいものが多いです。その点、女子向けのものは、小型軽量仕様が特徴的となっています。その代表格ともいえるのが、ミラーレス一眼でしょう。その名の通り内部のミラー機構が省かれているため、特有のボリューム感がなく持ちやすいです。また通常の一眼レフでも、小型軽量に焦点を当てたタイプは増えてきており、プロ志向でない、女子やファミリー層をターゲットにした製品も少なくありません。体力に自信のない女子でも、安心して扱うことができます。

・進んで持ちたくなるようなおしゃれデザイン

一眼レフは、全体が黒色で、ゴツゴツしく男性的な見た目のものが一般的です。まさに、一眼レフらしい一眼レフとでも申しましょうか。本格派にとっては、それこそがモチベーションアップやステータスに繋がる特徴でもあるため、むしろ好まれます。ですが、気軽にファッション感覚で持ちたい女子からすれば、その特徴は邪魔に感じられることでしょう。その点、近年の一眼はデザインにもこだわられています。カラフルなもの、形がかわいいものも多く、それこそアクセサリー感覚で首にかけられるタイプすら少なくありません。抵抗を感じるどころか、進んで持ちたくなるような魅力的なデザインも多く見られます。

・複雑な設定に悩む必要なし 

操作性にも違いが見られます。従来、一眼レフカメラというのは決して簡単に扱えるものでもありませんでした。ボタンやダイヤル、その他設定項目が多数詰め込まれており、初心者からすれば説明書を見ただけでも気が滅入るような複雑さでした。そうなってくると、ちょっとした趣味として一眼を持ちたいと考える女子には、抵抗が感じられてならないといったところでしょう。ですが近年の女子向け一眼は、工夫が凝らされています。ダイヤルひとつ、ボタンひとつでシーンに合った設定に切り替えられる、液晶を直接タッチするだけでフォーカスが合わせられる、ぼかしが作れるなど、感覚的に扱えるものも増えてきています。それこそ、スマホ撮影感覚ですら扱えるような手軽な一眼まであるほどです。

まとめ

このように、近年は一眼レフ=プロ・マニア仕様といったイメージはかならずしも当てはまらないようになってきています。そしてそうした傾向に呼応するかのように、「カメラ女子」や「インスタ女子」などという言葉も登場し、より一眼と女子の距離が縮まってきているようにも感じられます。本格的な写真を撮りたい、人とは違う写真を目指したい、そんな風に考えるのであれば、あなたが女子であってもなお、一眼レフは検討して損のない魅力的な存在となることでしょう。

カメラがうまくなりたいなら必ず見るべきサイト5選

近年、本格的な写真はとても身近なものとなってきています。携帯・スマホによるカメラ撮影機能の向上や、撮った写真を気軽に共有できるSNSの普及に伴い、従来そこまでこだわりを持たなかった一般層までもが、良い写真を好むようになってきているためです。そのため、写真に関連した仕事をしている、趣味が写真であるといった人以外でも、撮影がうまくなりたいと思う人は増えてきていることでしょう。そこで今回は、カメラ撮影がうまくなりたいならぜひ見ておくべきウェブサイトについて特集しました。

・カメライフ(http://camelife.biz/

二人のお子様を持つ「カメラパパ」さんの個人サイトです。個人サイトと聞けば、少し内容への期待が薄まるかもしれませんが、そういった心配はいりません。確かに、プロではない趣味写真家の方が運営するサイトですが、だからこその初心者目線で特集した記事が多数更新されており、写真を始めたての人でも分かりやすく、読みやすい内容が豊富に用意されています。初心者からすれば、専門用語や数字だらけのプロ志向な専門的サイト以上にも役立つかもしれません。またコンテンツは一眼レフ上達コンテンツ7割に合わせて、子育て・レビュー記事なども3割ほど紹介されています。その点もまた、好感が持てるポイントといえます。

Manfrottohttp://www.manfrottoimaginemore.com/?lang=ja

こちらは高級三脚やカメラバッグなどのオプション機材の海外メーカーとして知られる、「マンフロット」の日本語表示ページです。メーカーサイトですが、商品紹介ばかりでなく特集記事も豊富に上げられているのが特徴です。もちろん、日本人向けに日本語で書かれているので、英語が分からない人でも安心して活用できます。

ポイントは、まずひとつにお手本となる美しい写真が多数紹介されていることです。メーカー公式サイトだからこそのクオリティが目を引きます。構図の作り方やバランスなどを研究してみてください。また、「成功間違いなしの写真撮影ヒント11」のように、初心者向けに撮影技術を指南してくれている記事もあります。写真や撮影ヒントから、新製品のチェックまで、幅広く役立てられるサイトとなることでしょう。

・かめらと。(https://camera10.me/

カメラについての話題が幅広く凝縮されているサイトです。主には撮影日誌のようなものから、技術紹介、機材レビューが主となっており、あらゆる貴重な情報がこのサイトひとつで気軽にチェックできます。

また他のサイトとの大きな違いとして、独自の写真SNSを運営している点が挙げられます。「かしゃっと。」という名前のSNSで、インスタグラムのセミプロ向けといった感じになっています。上質な写真があらゆるユーザーによって投稿されているので、参考にできる一枚を気軽に探すことができるでしょう。

・蜷川実花(http://www.ninamika.com/

著名写真家蜷川実花さんのオフィシャルサイトです。プロ写真家のサイト自体、どれも見ごたえがあり刺激を与えてくれるのですが、蜷川実花さんのギャラリーは中でも印象的です。鮮やかな色をふんだんに使ったものや、楽しくポジティブなもの、遊び心満点のおもしろい作品などが多く、本格写真は難しい、堅苦しいといった感覚を持っている人は、良い意味で概念を覆されることでしょう。写真はこんなにも自由なんだ!自由でいいんだ!そんな感想が心に抱ければ、その瞬間からカメラへの向き合い方もがらりと変わるのではないでしょうか。

・ナショナルジオグラフィック(http://natgeo.nikkeibp.co.jp/

最後におすすめするのは、動物や自然に関する上質な写真が豊富に掲載されている、「ナショジオ」ことナショナルジオグラフィックの日本語サイトです。日常ではなかなか目にすることができないような自然が織り成す貴重な一瞬を、贅沢にも無料で堪能できてしまいます。ただ自然や動物を収めただけの写真というわけでもなく、構図や精度に関してもかなりハイクオリティで、カメラマンの優秀さが窺えます。もちろん、初心者がいきなりそういった写真を真似するのは容易でありませんが、写真のおもしろさを再確認する上で、良い刺激となってくれることでしょう。

まとめ

本気で写真の道を志すのであれば、専門学校に通ったり、通信教育を受けるというのもひとつの手でしょう。ですがその場合、費用も時間もかかるため、それこそSNSの共有程度しか写真を楽しむ機会がない人としては、大げさ過ぎるかもしれません。ですがウェブサイトを利用すれば、デバイスや通信環境さえあれば無料で気軽に学べます。これら魅力的なサイトを役立てて、ぜひ手軽にスキルアップしてみてはいかがでしょう。

初心者はどんなカメラを買えばよい?

◎はじめに

 いざ、カメラを始めようと家電量販店に足を運ぶとカメラコーナーには多くのカメラが販売されていますよね。そのなかでも、デジタル一眼レフカメラは初心者向けから上級者向けまで、さまざまなモデルが発売されています。

 今回の記事では、初心者の方がどんなデジタル一眼レフカメラ(以下:カメラ)を買えばよいか、ご紹介したいと思います!

◎「カメラを選ぶポイント」

 初心者がカメラを選ぶポイントはいくつかあります。今回はカメラを選ぶポイントをいくつかご紹介します。

☆カメラを選ぶポイントその1「予算に合わせたカメラを選ぶ」

 カメラは初心者モデルから中級者、上級者向けのモデルがあり、価格も上級者向けになるほど高価になります。初心者の方が最初に選ぶカメラは、初心者、中級者モデルの中から選ぶことをオススメします。予算に合わせたカメラを選びましょう

☆カメラを選ぶポイントその2「デザインや持ちやすさで選ぶ」

 初級者向けのカメラは、キヤノンやニコンといったメーカーから発売されています。初心者モデルのカメラは、各メーカーとも操作性に優れていて、メーカーによっての差が少ないと言えます。そこで、デザインや、持ちやすさも選ぶポイントにしてみてください。カメラは一度手に入れると長く使うことができます。デザインが気に入ったカメラは愛着が湧きますし、撮影のため持ち歩くことも多くなりますので、デザインや持ちやすさで選ぶことも重要です。

それでは、実際に初心者向けのカメラを見ていきましょう!

◎「カメラ国内シェアNo.1! キヤノンの初心者向けカメラKissシリーズ」

 キヤノン(Canon)は、プリンターやカメラで世界的に有名な会社なので、皆さんご存知のメーカーだと思います。読み方は「キャノン」ですが、企業名は「キヤノン」となっておりますので、本記事ではキヤノンで統一しています。

 カメラ分野での国内シェアは、2016年度で国内1位と多くのカメラユーザーに支持されています。そんなキヤノンは。初心者向けにKissシリーズを発売しています。

 Kissシリーズは20176月現在、4月に発売されたKiss X9iまで販売されているカメラシリーズです。現在店頭では、KissX9iKissX8iKissX7iKissX80、あたりが展開されていると思います。初心者の方は上記のシリーズから選ばれることをオススメします。Kissシリーズの魅力は、AF(オートフォーカス)という被写体にピントを合わせることが得意なので、速い動きや、スポーツシーンの撮影などで活躍します。また、自動で撮影に適した設定を行ってくれるオートモードも充実しているので、初心者も安心して撮影が行えます。

◎「ニコンの初心者向けカメラD3000D5000シリーズ」

 ニコン(Nikon)のカメラはキヤノンと同じく世界中で使用されているメーカーなので皆さんご存知だと思います。カメラ分野での国内シェアは2016年度で国内2位とこちらも多くのカメラ―ユーザーに支持されています。

 ニコンの初心者向けカメラはD3000シリーズとD5000シリーズの2シリーズです。20176月現在、D3000シリーズは、「D3400」が最新機種、D5000シリーズは、「D5600」が最新機種となっています。初心者が見るべき2シリーズの違いは、D3000シリーズには初心者でも安心のガイドモードが搭載されており、D5000シリーズにはガイドモードの搭載はありません。ですので、D3000シリーズが初心者向け、D5000シリーズは初心者から中級者向けのカメラといえるでしょう。初心者の方はこの2シリーズから選ばれる事をオススメします。この2シリーズの魅力は、写真をシーンに合わせてアートのように仕上げるエフェクトが充実していることです。多彩なエフェクトを使用すると、一風変わった写真を楽しむことができます。

◎おわりに

 初心者はどんなカメラを買えばよいか、選ぶポイント、そして、初心者向けカメラを紹介しましたがいかがでしたでしょうか。今回の記事でご紹介した選ぶポイントや、カメラは、ほんの一例にすぎません。実際にお店に足を運んで、試写など手に取ってみて決めることを強くオススメします! この記事が皆さんの素敵なカメラライフの手助けとなれば幸いです。

最低限揃えるべきカメラ道具とは

◎はじめに

 デジタル一眼レフカメラ(以下:カメラ)を手に入れて、いよいよ撮影に向かっていく中で、お店ではカメラの本体以外にもたくさんのカメラ道具が販売されています。今回は、写真撮影をする前に最低限揃えるべきカメラ道具を、優先順位をつけてご紹介します!

◎優先度【高】「絶対に必要なカメラ道具」

まず、はじめにカメラの購入と共に、絶対に必要なカメラ道具をご紹介します!

☆「撮影した写真データを保存するメモリーカード」

 デジタル一眼レフカメラは、従来のフィルムを用いていた一眼レフカメラとは異なり、撮影した写真を保存するためにメモリーカードを使用します。初心者の方向けのデジタル一眼レフカメラでは主にSDカードが使用されています。容量は、8GB16GB32GB~512GBと撮影可能枚数別に数種類あり、16GBSDカードを使用すれば、約2000枚撮影することができるので、最初に購入される際は16GBをオススメします。

☆「大切なカメラを守るカメラバッグ」

 カメラを手に入れた際にSDカードと共に揃えるべきものは、カメラバッグです。カメラの撮影で屋外に出る際や、替えのレンズを収納する際に使います。 

カメラは精密機器なので衝撃に弱く、外で持ち歩くときも注意が必要です。そのため、衝撃を緩和するクッション材の入ったカメラバッグは必ず使用するようにしてください。最近はショルダーバッグタイプやリュックサックタイプのカメラバッグが主流で、オシャレなカメラバッグも増えてきています。また、アウトドアシーンで撮影を行う方には、防水機能の付いたカメラバッグをオススメします。

☆「カメラをいつまでも綺麗に! クリーナーキット」

 せっかくのカメラを長持ちさせるには定期的なクリーニングが必要です。レンズやボディに溜まったホコリは放っておくと故障の原因になります。なので、ホコリを吹き飛ばすブロアーや、細かいホコリを取るハケがセットになったクリーナーキットが販売されているので、カメラの購入と一緒に購入しておきましょう!

◎優先度【中】「最低限揃えておきたいカメラ道具」

 この項では最低限揃えておきたいカメラ道具をご紹介します!

☆「レンズを守るレンズ保護フィルター」

 屋外での撮影のトラブルで多いのがレンズをぶつけたり、落としたりしてレンズが割れたりキズが付いたりすることです。そんなトラブルを防ぎ、レンズを守るのが、レンズ保護フィルターになります。レンズ保護フィルターはレンズの先に簡単に取り外しができるようになっているので初心者でも安心して取り付けられます。レンズは高価なものなので、必ずレンズ保護フィルターを使用する事をオススメします! 購入される際には、レンズと同じ大きさのフィルターを選ぶようにしてください。

☆「液晶画面を守る液晶保護フィルム・プロテクター」

 カメラには液晶画面が付いており、レンズと同じくぶつけたり、落としたりしたときに破損することがあります。そんなトラブルを防ぐために、液晶画面に張り付ける液晶保護フィルムや、ハードタイプのプロテクターがあります。カメラの機種によって液晶保護フィルムやプロテクターの大きさは異なるので、購入されたカメラの機種にあったものを選ぶようにしてください。

☆「様々なシーンで大活躍! 三脚」

 三脚はカメラで撮影する際に様々なシーンで活躍します。例えば、タイマーを用いて集合写真を撮るときや、夜景や星景写真を撮影する際にはカメラを長時間動かさず保つ必要があります。その際にも三脚があれば、スムーズに撮影を行うことができます。屋外やアウトドアシーンでの撮影は三脚を持ち歩くこともあります。材質によって重量などが異なりますので、実際に手に取って重さなどを確認して購入することをオススメします。

◎優先度【低】「余裕があれば揃えたいカメラ道具」

 この項では、上記のカメラ道具を揃えたうえで余裕があれば揃えたいカメラ道具をご紹介します。

☆「あると便利 予備バッテリー」

 アウトドアシーンや屋外の撮影ではカメラのバッテリーが切れると撮影ができなくなってしまいます。なので、あらかじめ充電しておいた予備のバッテリーを持っていると安心です。カメラによって使用している電池が異なるので、購入の際は必ず型番を確認して購入してください。

◎おわりに

 カメラを始める際に最低限揃えるべきカメラ道具をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。ぜひ、この記事を参考にしていただいて素敵なカメラ生活を楽しんで頂ければと思います!

カメラを趣味に持つことの魅力とは

◎はじめに

 みなさんはどんな趣味をお持ちでしょうか? 登山やドライブ、スポーツなどアウトドアな趣味をお持ちの方、お菓子作りや読書などのインドアな趣味をお持ちの方などさまざまですが、アウトドアな趣味をお持ちの方も、インドアな趣味をお持ちの方も、新しくカメラを趣味にするのはいかがでしょうか? カメラの趣味と言えば、代表的なのが一眼レフカメラで、新しく始めるには敷居が高い感じられる方も居られると思いますが、決して敷居の高い趣味ではありません! 今回は、カメラを趣味に持つことの魅力をいくつかご紹介します! ※本記事のカメラとは特記がない限りデジタル一眼レフカメラのことを指します。

◎カメラを趣味に持つことの魅力その1「今の趣味にプラスして始められる」

 カメラを趣味に持つことの魅力の1つめは、今の趣味にプラスして始められることだと思います。カメラは、今、持っている趣味の記録や、思い出の瞬間を写真に残すことができます。つまり、今の趣味を続けつつ、カメラの趣味をプラスして始められます!

カメラは趣味を楽しんでいるときや、綺麗な風景に出会ったときに、「綺麗な写真を残したい!」と思ったときこそ、思い切ってカメラを手に取ってみましょう! 

◎カメラを趣味に持つことの魅力その2「家族・仕事仲間との思い出を残そう」

 カメラを趣味に持つことの魅力の2つめは、家族や仕事仲間との思い出を残すことができることです。写真は現像すれば長く残すことができます。家族で旅行に行ったとき、子供の成長を残したいとき、仕事仲間との思い出を残したいとき、大切な瞬間をカメラがあれば簡単に残すことができます。撮った写真を現像しアルバムにして残すこともできますし、最新のカメラでは、Wi-Fiを搭載している機種も増えてきており、撮った写真をその場でスマートフォンやタブレットに送信することができ、簡単にシェアすることもできます!

◎カメラを趣味に持つことの魅力その3「奥深きカメラの世界」

 カメラを趣味に持つことの魅力の3つめは、奥が深いことだと思います。カメラは、日常の風景を撮ることはもちろん、慣れれば慣れるほど奥が深くなり楽しくなっていきます。それでは、カメラの奥深いポイントをいくつかご紹介します。

☆奥深いポイントその1「被写体の多様さ」

 さて、みなさんはカメラを手に取ったとき、何を撮りたいでしょうか? 日常の思い出を残すのはもちろん、人を撮影するポートレートや、夜空の星を撮る星景写真などたくさんのジャンルがあり、カメラは被写体の違いによって撮影手法も大きく変わります。新しいジャンルの撮影にチャレンジする度にカメラの奥深さに楽しくなること間違いなしです!

☆奥深いポイントその2「カメラ本体とレンズの組み合わせ」

 カメラは、カメラ本体とレンズを外して付け替えることができます。カメラ本体の特徴や機能の奥深さはもちろん、レンズは様々なシーンに合わせたものがあり、遠い被写体を撮影する望遠レンズや、ポートレートなどに使える単焦点レンズなど撮影したい被写体に合わせて選ぶことができます。カメラを手にしたあとは、撮りたいジャンルを決めてレンズを選ぶのも、奥深いカメラの世界の醍醐味だと思います!

◎おわりに

 いかがだったでしょうか。スマートフォンや携帯電話にもカメラが付いている現在では、写真を撮るということが身近になってきました。スマートフォンでも写真を綺麗に撮ることができますが、ぜひ、「一眼レフ」カメラを手にして自分なりの写真を撮っていただきたいと思います!

今回はカメラの魅力をいくつかご紹介しましたが、まだまだ本の一部にすぎません。カメラを趣味にすることは敷居が高いと思われがちですが、そんなことはありません。この記事を読んで少しでもカメラに興味を持っていただければと思います。