初心者でもプロ並みの環境で撮れる! モデル撮影会とは

カメラを手にしたら、さまざまなところへ出向きたくなることでしょう。日常スナップに記録写真、作品撮りと、楽しみ方はあなた次第です。アイデアの数だけ、印象的な体験が待ち受けていることでしょう。ですが、人物写真となってくるとまた別です。教えてくれる人がいるわけでもない初心者にとって、モデル調達はひとつの壁となります。モデル撮影もまた、カメラの醍醐味のひとつなので、ある程度風景などを撮り終えたら、ぜひ踏み出しておきたい領域といえます。

そんなときおすすめなのが、モデル撮影会です。プロであるかどうかに限らず、モデル撮影ができる便利なイベントです。以下にポイントをまとめてみました。

・モデル撮影会の概要

主には、参加料を支払うことでモデル撮影ができるイベントです。費用は約10,000円ほどが相場になっており、モデルのランクや衣装、その他オプションによって変動する場合もあります。フリーモデルやタレントが個人でおこなっている場合もありますが、近年は人気となっており、専門のプロダクションなどが開催するケースがほとんどです。

プロダクションに所属できるほどのモデルなわけですから、モデルにはそれなりのルックスが期待できます。そもそもモデルを調達すること自体難しい中で、ルックスまでも期待できるため、初心者カメラマンとしてはかなり嬉しく感じられることでしょう。

・撮影会のメリット

撮影セットが用意されるイベントは、非常に助かります。カメラ本体とレンズ数本しか持っていないといった初心者であるにもかかわらず、レフ板や照明、スタジオセットまで用意されるともなれば、手持ち機材のレベルに限らず上質な写真撮影が目指せます。本格撮影の現場を体験できるという意味でも、良い経験になります。

また、モデル側にも撮影会はメリットとなります。モデルといっても、実はモデルメインでやっている人ばかりではなく、地下アイドルやタレント、コスプレイヤーなども多いです。これら肩書きを持つ撮影会モデルとしても、宣材写真を撮ってもらえる、知名度アップに繋がる、ファンを増やせる、モデルの練習ができるなどのメリットに繋げられます。もちろん、ギャラも発生するのが一般的です。撮影会は、カメラマンとモデル、双方にとって有益なイベントなのです。

・モデル撮影会でのポイント

せっかくお金を払って参加しても、ポイントがあまり理解できていなければ、貴重なイベントは右往左往しているだけで終わってしまうかもしれません。カメラ自体も初心者となれば、なおさらです。押さえておくべきポイントを把握しておきましょう。

たとえば、自分以外にも数多くのカメラマンが参加している点です。ほとんどがアマチュアカメラマンですが、撮影会を利用し慣れている人も多いので、撮り方や指示出し、アングルなどを盗み見て参考にしてみてください。それにより、だいたいの流れがイメージできるので、あたふたすることなく撮影に集中できます。当日のみならず、撮影会以降のカメラライフにも役立つことでしょう。

次に、ルールをしっかり守ることです。モデルは若い女性であることが多いので、参加するカメラマンにはルールの徹底が呼びかけられます。マナーを守ってこその楽しい撮影会ですので、気持ちよく撮影するためにも、そして他の参加者やモデルに迷惑をかけないためにも、把握しておいてください。

また基本ですが、機材の準備も忘れてはなりません。せっかく参加したのに、機材や備品を忘れたともなれば見学だけで終わってしまうかもしれません。特に重要なのが、バッテリーです。一日中撮影していると、バッテリーは結構消費します。予備を持っておいたり、2つ挿入できるバッテリーグリップなどがあると安心です。その他、SDカード、コンパクトフラッシュといったメディアやクリップオンストロボの電池なども要確認です。

まとめ

モデル撮影会は、カメラ初心者にとっての貴重な人物撮影の場として役立てられます。ルックスレベルの高いモデルが撮影できる、プロ仕様の環境が利用できる、また他のカメラマンの技術を盗み見れる点などもメリットに感じられます。本格的な人物撮影に挑戦したい、さらなる経験値を積みたいと考えるなら、検討して損のないイベントとなることでしょう。