理想の表情が引き出せない……ワンランク上の人物撮影を目指す人へ

人物撮影というジャンルを続けたとき、ふとぶち当たる壁があるかと思われます。思った通りの表情が引き出せない……。リクエスト通りの表情を作ってくれてはいるけど何か違う……。人物撮影が、いかに奥深いものか知らされる瞬間でしょう。ではいったい、どのようにすれば理想の表情を撮影することができるのでしょうか?

・カメラマンの真価を問う人物写真の表情

表情には、もちろん被写体となる人物の性格というものも反映されます。プロモデルでないアマチュア、もしくは素人の場合は、自在に表情を操ることなどそうそうできません。恥ずかしがりである、普段から気持ちは顔に出ないタイプである、緊張しやすい……などなど、表情を引き出しにくい性格の被写体も事実多いです。

ですが、それでもなお理想の表情を引き出すのがカメラマンです。効果的なテクニックを駆使することで、写真に映える魅力的な表情を浮かべてもらうことも可能になってきます。ポイントを押さえて、理想の写真を目指してください。

・カメラマンたる所作で

被写体の見栄えを高めようとする中で、自分の姿は関係ないように思えるかもしれませんが、決してそうでもありません。被写体はあなたに撮られているわけですから、ちょっとした所作ひとつでもモチベーションは左右されるものです。そしてより良い表情を引き出したいと考えるなら、ぜひ「カメラマンたる所作」を意識してください。

脚をほどよく開き、両手でしっかりとカメラを構え、肘に角度を持たせる……。言葉で説明するのは難しいですが、つまり、誰もが想像できるような”かっこいいプロカメラマン”の姿をイメージするといった具合です。そうすることにより、あなたが中級者でも、さらには初級者であっても、被写体に安心感や期待感を与えることができます。最初恥ずかしがっていた被写体が、徐々に落ち着き始め、そして自信の漂う表情やポージングを魅せてくれる……!そんなケースも少なくありません。まずは一度、形から工夫してみてはいかがでしょう。

・積極的にコミュニケーションをとろう

アーティストたるもの、クールで寡黙にあるべし。そんなイメージを持っているなら、良い表情を引き出せるカメラマンにはなかなか近づけないかもしれません。もちろん、アーティスティックな写真を撮るクリエイター路線のフォトグラファーなら、それでも良いでしょう。ですが、いち「カメラマン」という位置づけで魅力ある表情を引き出したいなら、ぜひ積極的にコミュニケーションをとってみてください。

単純な会話でも、構いません。楽しく和やかな話をして、自然な表情を引き出しましょう。もし会話が苦手でも、心配する必要はありません。カメラを構えて積極的にコミュニケーションをとろうとする姿に、被写体もまた「自然な表情を求められている」と察して協力してくれるようになるからです。ただ、協力的になってもらう上でも、やはりリラックスしてもらうことが欠かせません。次項で紹介する、安心させられる、そして自信をもってもらえるような会話を意識するべきです。

・基本はとにかく褒める!

自信を持ってもらえる会話、それは何より「とにかく褒める」に尽きます。言葉は悪いですが、褒められて嫌な気になるという人はそうそういません。さらにそれが、自身でも密かに魅力であると自覚している部分ともなれば、なお良いでしょう。自分の魅力に気づいてもらえるというのは、何とも嬉しく感じられるものです。あまり見栄えしないタイプの人であっても、ファインダー越しに魅力ある部分を探し出して、ピックアップして伝えてみてください。まったく魅力がない人なんて、この世に存在しませんからね!

これこそ、人物カメラマンの腕の見せ所でもあります。魅力に気づいてくれるということは、自分を良い風に撮ってくれるホンモノのカメラマンに違いない……。そんな意識から、さらにリラックスして、心からの豊かな表情を浮かべてくれるはずです。

・まとめ

機材やテクニックが上達して、写真自体はクオリティが高い、にもかかわらず表情がいまいちともなれば、少し悲しい印象も感じられてきますよね。そんなときは、一旦技術面へのこだわりから離れて、被写体との向き合い方を意識してみてください。表情を引き出す、それもまたカメラマンの大きな仕事のひとつです。

無難な風景写真を抜け出せないなら”上級構図テク”を意識しよう

一眼レフやその他カメラツールを初めて手にしたとき、多くの人が最初に撮るのは、身近な風景ではないでしょうか。気兼ねなく、またお金をかけず手軽に撮ることができます。そしてだんだんこだわりが芽生えてくると、動物や人物、さらには絶景スポットなどにも目を向け始める……といった流れでしょう。そこまでいくと、写真のさらなる奥深みや上質な機材、技術面などにも興味が湧き、カメラはただの記録ツールでなく、いち作品制作のための道具へと変化してきます。ようこそ魅惑のカメラの世界へ……といったところですね!

ですが、それなりに経験を重ねても、なぜか一番身近で撮りやすかったはずの身近な風景だけはいまいち上達しない……といった状況に陥ることがあります。経験を重ねた中級者クラスなら、ある程度構図や設定にもこだわれるはず。ですが、それでもなおといったケースが少なくありません。なぜか、無難な作品になりがちなんですよね。今回は、そんな状況を打破できるような、上級構図テクニックについてご紹介します。

・いまや素人もテクニックを駆使する時代

何となく知っている構図テクニックを駆使しても、ありがちな写真にしかならない……。その原因は、もしかするとテクニックのレベルにあるのかもしれません。デジカメやスマホによるカメラ撮影が広く普及した昨今、ある程度技術を持った素人も少なくありません。少しこだわろうと思えば、ネット検索で簡単にコツを知ることができてしまうためです。そのため、本当に一般レベルより頭ひとつ抜けた風景写真を撮ろうと考えるなら、素人には真似のしにくい、もうワンランク上の構図を意識してみるべきです。

・ありがちな構図の例

ありがちな構図としては、被写体を中心位置で捉える「日の丸構図」、画角の中に三角形を意識して撮る「三角構図」、主役となる絵をあえて対角線で分けた半分の領域のみに置く「対角線構図」、その他、被写体を中心からずらして撮る手法などが代表的でしょう。

これらは一応名称までつけられているものの、初心者向け解説サイトなどでも多く紹介されています。ちょっと意識するだけで、比較的手軽に実践できるためです。確かに効果的な手法ではありますが、プロ志向がワンランク上の風景写真を目指す際には、これだけだと少し物足りない印象かもしれません。

・日の丸構図+対角線構図で印象的に

前述の手法それぞれは、比較的ありふれた構図となっています。ですが、2つ合わせて取り入れてみると、結構効果的です。「日の丸構図+対角線構図」は、メインの被写体を日の丸構図で中心に配置して、さらに背景に対角線ラインを意識するといった合わせ技です。斜めのラインが被写体に物語性を持たせ、ドラマチックな1枚に感じさせます。

・複数の対象に役割を持たせる

写真に写る対象は、ひとつに限りません。複数になる場合も、もちろんあるでしょう。特に風景であれば、自然界や街中はあらゆるもので溢れ返っているので、にぎやかになりやすいです。そんな状況を活かした構図が、このテクニックです。

具体的には、被写体それぞれに主役・脇役・背景などの役を設定してみてください。そうすることで、主役をメインとしたひとつの世界観が成り立ちます。たとえば、花を主役に、その匂いを嗅ぐ犬を脇役に、そして公園の様子を背景にする……といった具合。配役は、あなた次第です。

・黄金分割点

構図には、いわゆる黄金比というものが存在します。本格的な1枚を目指すなら、ぜひそんな専門的な構図作りにもこだわってみてはいかがでしょう。黄金分割点の考え方としては、対角線を2本引き、さらに線と角の接点から、対角線と90度で交わる直角な線を4本引き、合計6本の線で分割する形です。そして、この分割点上に写真の核となる対象を置くと、まさに黄金比といえる、まとまりや美しさが生まれます。文字による説明だけでは分かりにくいかもしれないので、これについては「黄金分割点」でネット検索してみてください。図で表してくれているところも、見つかるかもしれません。

・まとめ

風景写真は、手軽だからこそワンランク上の領域を目指すのが難しい撮影ジャンルでもあります。近年は簡単なテクニック程度ならネット上で紹介されていることも少なくないため、多少こだわったところで、一般レベルと差をつけられない場合もあります。そんなときは、これらのような中~上級向けの手法を取り入れてみてはいかがでしょうか。無難な写真を卒業して、それこそ堂々と「カメラマン」が名乗れるような1枚も目指せるでしょう。

上質レンズをチェック! 本格派向け一眼レンズランキング

一眼レフといえば、やはり交換レンズの豊富さではないでしょうか。近年は軽量コンパクトなミラーレスも登場して、そんな楽しさにより広く注目が集まるようにもなってきています。レンズの種類によって、写真のレベルや質感、表現などは大きく変わってきます。またシーンによっては、特定のレンズでしか撮影できない場合も。人気のレンズをチェックして、よりアクティブに撮影を楽しんでみてはいかがでしょう。

今回は、中でも中~上級者向けアイテムをランキング形式で特集しました。手持ちのカメラ本体のマウントとの相性もあるかもしれませんが、ぜひレンズ選びの参考にしてみてください。

第4位・TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028) 69,899円 (税込)

18-400mmという広い焦点距離をカバーするユーティリティーな1本です。にもかかわらず、タムロン製ならではのお得感が魅力となっており、手軽に撮影領域を広げたいと考えている人に嬉しく感じられることでしょう。説明不要の超望遠ではありますが、LDレンズや非球面レンズなどの特殊硝材を効果的に採用しているため、良好な描写性能に期待が持てます。また独自開発の手ブレ補正機構「VC」も組み込まれており、夕時の自然写真やアクティブなスポーツ撮影でも活躍してくれそうです。

第3位・Canon EF100-400mm F4.5-5.6 IS Ⅱ USM 222,620円 (税込)

こちらも上記と同じく望遠が特徴のレンズですが、特に野鳥撮影に適したものとして愛好家に親しまれています。Canonレンズにおける上位種の証である、白いボディが何とも気品を感じさせます。

野鳥撮影に適した特徴としては、ASCこと「Air Sphere Coating」が挙げられます。これは屋外撮影時に問題となりやすい、フレアやゴーストを従来以上に抑制してくれるCanonの新コーティングとなっています。日差し厳しい日中や、西日の強い夕時でも自信を持って撮影に臨めます。

第2位・SIGMA 広角ズームレンズ 12-24mm F4.5-5.6IIDG HSM 96,748円 (税込)

筆者個人も好んで使用している、広角レンズからも1本ピックアップ。いわずと知れた上質メーカー、SIGMAから2003年に発売されたモデルです。12mmの立体感ある超広角撮影はもちろんのこと、蛍石と同等性能を誇るFLDガラス、SLDガラスこと特殊低分散ガラスの採用によって、超広角ならではの色収差を高度に補正。これにより、超広角ながら高画質というハイレベルな撮影が実現可能となっています。また上記のCanonレンズと同じく、こちらもフレア・ゴースト発生の軽減に注力されています。広い視野における高画質撮影は、あなたの撮影ライフに一層幅を持たせてくれることでしょう。

第1位・Canon EF135mm F2L USM 105,250円 (税込)

Canon製の、135mm単焦点レンズになります。主に、ポートレート撮影に適したレンズとして人気があります。なぜこのレンズがおすすめ1位かというと、それは長きに渡る実績が伴うためです。このCanon EF135mm F2L USMが発売されたのは、何と20年以上も前のこと。にもかかわらず、今なおカメラファンに愛される定番的単焦点となっており、高い実力が窺えてなりません。

特徴は、ポートレート撮影でおなじみの焦点距離である85mmでなく、あえての135mmとなっている点です。これにより、85mmでは出せない圧縮効果が生まれ独特の雰囲気に仕上げられます。ポートレートは、比較的どのようなレンズでも撮影することが可能です。そんなシーンで、あえてこだわりを持って上質アイテムを使用するというのは、いかがでしょうか。

・まとめ

一眼レフのレンズにひとたび目を向ければ、星の数ほど存在していることに気づかされます。ですが、すべてが自分に理想的なレンズかといえば、もちろん違います。好みや目的、レベルに合った最適な1本を選び抜くことが欠かせません。上記はあくまで一例ですが、上質な撮影をより一層高いレベルで楽しむ際におすすめです。参考にしてみてください。

実用レベルの商品物撮りは光のコントロールが重要

インターネットが広く普及するようになった昨今、商品物撮りをおこなうカメラマンは増えてきています。ネットショップやオークション、流行りのフリマアプリなどで品物を出品する場合、商品写真が必要となるためです。個人でやる場合のほか、プロとして活動するカメラマンなら、ショップの運営会社に所属して撮影担当を任されるといったケースもあります。

同じ写真撮影でも、風景や人物を撮るときと物撮りとでは、結構違いが感じられます。ほかの撮影はうまくいくのに、物になるとどうも満足いくものが撮れない…!そんな悩みを抱えている人も少なくないのでは。ですが、ライティングこと光のコントロールにこだわりを持つことで、その悩みも解消に繋げられます。商品物撮り時のライティングのポイント、ご紹介します。

・なぜ光が商品物撮りに重要なの?

単純に考えると、物撮りはとても簡単です。カメラと撮りたい物さえあれば、思い立ったらすぐにでも撮影できてしまいます。それでもなお、出来の良し悪しが分かれてしまう理由には、主に2つの要素が挙げられます。

まずひとつが、背景です。同じ商品でも、背景の具合によって印象は大きく変わってくるでしょう。こと商品写真の場合は、印象の良さや、商品の魅力を際立たせることも重要になってきます。散らかった部屋や汚れた壁を背景にするのはもちろん論外。また適当な紙や布を敷いたりしたところでも、なかなか理想のレベルを表現することはできません。バック紙や物撮りスタジオ、そして商品に合った適切な背景セットなどを用意しましょう。

そしてもう一点が、今回の主題である「光」です。明るい暗いだけでなく、影の具合や光の色味、柔らかさなど、ちょっとした違いでも繊細な影響を与えます。ですが、うまくコントロールできさえすれば、現実以上の魅力をもまとわせることすら可能です。物撮りが苦手な人は、ぜひこの光のコントロール、いわゆるライティングについて探求してみるべきです。

・ストロボを2灯用意しよう

自然光でも良いですが、実用的な商品写真を撮りたいと考えるなら、撮影用ストロボを使うべきです。それも、2灯用意してください。設置方法は、商品を左右から囲むようにする形です。これによって、余分な影をしっかり飛ばして、明るく好印象な写真に仕上げられます。

・光の柔らかさを調節

前述でも触れていますが、ライティングでは柔らかさの調節も重要になってきます。ぬいぐるみやかわいらしいアクセサリーなら柔らかめの光を、そしてゴツゴツしたイメージの鉱石や金属なら硬めに…といった具合です。

光の柔らかさは、ストロボに傘バウンスやディフューズを取り付けて調整しましょう。自然光を使う場合なら、レフ板で影をカバーしたり、シーツで窓を覆ってナチュラルな柔らかさを演出するといった手法もおすすめです。

・反射する素材の撮り方

上記まででは、とにかく明るく撮影する方法を紹介してきました。ただ、ストレートに明るいだけでは問題が起こるケースもあります。それは、ガラス製や金属製の、光を反射してしまうような素材の場合です。光の反射が写りこむと、商品の持ち味が薄れる、細かい部分が確認できなくなるなど、商品写真として適さない仕上がりになってしまうかもしれません。

このときも、ライティングの工夫で問題を解消していきます。たとえば透き通ったガラス製品なら、商品の背後から光を当てる方法がおすすめです。といっても、じかにストロボが発光すれば完全な逆光になります。ディフューズで適度に調整して、柔らかい光を当てましょう。また金属の素材であれば、両サイドからのソフトディフューズ光が有効です。

・まとめ

このように、商品を物撮りする際はライティングがポイントとなってきます。設定で露出を調整したり、撮影後にレタッチを加えるなどすれば、それこそ物撮り専門カメラマン顔負けの1枚も目指せるかもしれません。商品写真は、それだけでも商品の売れ行きを大きく左右します。こだわる価値は、大いにあるでしょう。

マクロレンズで魅せる! 簡単なようで奥が深い幻想の世界

マクロと聞くと、カメラマンに限らず、多くの人が馴染みある機能に感じるかもしれません。一眼レフ、さらにはデジカメやスマホのカメラ機能などにもモードのひとつとして標準的に搭載されていることが多いためです。モードを切り替えるだけで、簡単にぼかしが大きく作れ、初心者や素人でも味わいある1枚が目指せます。

ですが、だからといって「マクロ=初心者向け」かといえばそうでもありません。同じマクロでも、レンズのレベル次第で質感は大きく変わります。そして撮り方の工夫でも、仕上がりに違いがでてきます。基本的であり、それでいて奥が深いマクロレンズ撮影のポイントやテクニックについて、知っていきましょう。

・ピント合わせが大切

マクロは、通常のレンズ以上に大きなぼかし領域が作りやすいです。ですがこの特徴は、メリットばかりでもありません。ぼかしが深いからこその注意点も伴います。それこそが、ピントについてです。周囲が大きくぼけている中、被写体にしっかりピントが合っていてこそ、初めて主役の際立った印象的な1枚に仕上がります。その点、被写体にピントが合っていないと、全体がぼんやりとした芯のない写真になってしまいます。

ここで役立ってくるのが、マクロレンズの撮影距離範囲設定。ついているものとついていないものがあるのですが、もし使用できるようであれば、被写体との間隔に合わせて調整してください。主には「o.3m~0.5m・0.5m~」のような切り替えがついています。撮影シーンに適した設定ができれば、オートフォーカスの精度が高まり、ピントがしっかり合いやすくなります。

・微妙なぼけ加減を演出するなら

さて、写真撮影においてピント合わせが重要とはいえ、完全な写真ばかりが正解というわけでもありません。こと中級者以上にもなってくると、あえてピントをずらして独特の世界観を表現したい、そんな考えを持つ人も多いことでしょう。そんな場合は、オートフォーカスよりマニュアルフォーカスの方が効果的。マニュアルフォーカスの設定に切り替えて、ピントリングで最適なぼかしに近づけましょう。

マニュアルで理想のぼかしを表現するとなると、かなり高度な作業になってきます。なぜなら、ちょっとした操作のブレや、自分の体の揺れ程度でも簡単に狙ったぼかし領域から外れてしまうためです。ぼけ加減の大きいマクロレンズとなれば、その影響は通常レンズ以上に顕著です。

この問題をカバーする上では、一脚がおすすめです。カメラを固定するためなら三脚で良いのでは? とも思えるかもしれませんが、マクロ撮影は被写体にぐっと踏み込んで撮る撮影なので、固定しつつも比較的自由に動ける一脚の方が扱いやすいのです。コンパクトなものなら、低い視点の植物や昆虫なども狙いやすく、まさにマクロ写真向けといった感じです。

・マクロの醍醐味! 最大のぼかしで幻想の世界を作る

せっかくマクロレンズで撮影するなら、ぜひ醍醐味であるぼかしを最大限に役立ててみてください。ぼかしの作り方は通常通り、F値を小さくするといったやり方。ただこの場合、少量の光でもしっかり反映されるので、シャッタースピードの調整には注意しましょう。比較的暗い環境で撮る、もしくはシャッタースピードを上げるなどして、理想のバランスを目指してください。モードを「絞り優先」にして、F値だけマニュアルで設定してシャッタスピードはオートで撮るといった方法なら、細かい調整に不慣れな人でもうまく撮りやすいです。

「マクロレンズ+絞り最大」ともなれば、まさに夢の中で見る世界のような柔らかく幻想的なニュアンスに近づけられます。その個性の強さは、写真でなくいち「マクロ写真」というジャンルに分類できるほど。写真、そして一眼レフの新たな領域に踏み込めることでしょう。

・まとめ

マクロ写真は、カメラのアレンジ撮影の中でも、比較的手軽な種類かもしれません。一眼レフやデジカメ、さらにはスマホのモードを切り替えるだけでも、簡単にできてしまいます。ですが、本格的な専用レンズを使って、さらに撮影方法にもこだわれば、手軽どころでない、それこそ見る者を引き込むような魅力的なマクロ写真も作れます。普通の撮影ではなかなか作れない質感を知ることで、カメラの楽しみもまた一層広がることでしょう。